困ったときは無理せず借り換えかおまとめを!

いくつもの会社で少額のキャッシングを利用していると、うっかりで支払いを忘れてしまったり、給料日前に残高が足りなくなってしまったりします。そんなときは、無理せず銀行などに相談して借り換えやおまとめローンの相談をしていきましょう。

借り換えとは、ざっくり言うと一度の返済額を少なくして支払いやすくすること、おまとめローンは金融機関に各金融商品の支払いをお願いして、返済先を1つにまとめるサービスです。

仕事をしていたらなかなか返済手続きなどの手間をかけるのは大変です。どうせならスッキリとまとめてしまって、自分のマネープランを立てやすくしておきましょう。お金は世間の回り者。使うときはドーンと使って、あとは賢く計画的にプランを立てて行きましょう。

久しぶりの再会に財布の中身が寂しい感じ

私には盆暮れ正月に必ず食事をする20年以上の付き合いのある友人がいるのですが、ここ数年お互いの環境の変化などでまともに会う事が出来なかったのですが、この前の年末に久しぶりに都内で待ち合わせして呑みに行きました。

積もる話しにお酒は進み、「もう一杯」が「もう一軒」に変わる頃には華やかだった街並みもすっかり夜の顔になっていました。

師走の都会の喧騒は程よく酔いを醒ましてくれたのですが、完全に素面に戻ったのは財布の中身を確認した時でした。

どうやら最後に行った店で思った以上に飲みすぎたようで、おぼろげな記憶をたどれば帰りのタクシー代まで呑みきった映像。

そんな時に私が頼りにするのはいつもキャッシングです。

しっかり自分の返済計画さえ守っていれば、利息だって苦にならず、すごく便利なシステムです。

ちょっと気持ち多めに手にしたお金で最後の一軒を探しに友と夜のネオン街へ向かって歩き出しました。

住宅ローンや自動車ローンの残高が多い人はキャッシング契約も不利?

キャッシングを利用している場合、住宅ローンや自動車ローンなど高額な借り入れでは審査が厳しくなるというのが一般的に知られています。では、既に住宅ローンや自動車ローンを契約している人は、キャッシング審査に影響がないということを考えてしまうことがあります。

住宅や自動車は資産となり、売却することで現金化することは可能です。しかし、これらの資産は、抵当権が設定されていることが多く勝手に売却することが難しくなっています。結果、住宅ローンや自動車ローンがあり、キャッシング契約する場合、サービスを提供する会社そして保証委託先となる会社にとっては債権回収が困難となるリスクが高くなってしまいます。

そのため、キャッシング契約を検討する際は、毎月の収入やボーナスで確実に返済出来る限度で申し込む必要があります。

キャッシングの借り換えタイミング!多重債務に注意!

キャッシングを利用していると、金利が高く毎月の利息が高くなったり、複数社からの借り入れで返済の手間が掛かります。このような場合、借り換えによる金利の見直し、返済先の一本化が借り換えでは可能になります。

しかしながらのタイミングを逃すと多重債務と判断されたり、キャッシングの利用頻度が多いために高い金利が適用され、結果として返済額の抑制が難しくなるなどの問題に繋がります。そのため、借り換えタイミングは常に2社以上になった時に見直しを検討するのがおすすめです。

借入額が膨らまなければ、多重債務と判断されるリスクも低くすることが可能です。先ずは、常に借り換えを意識してより好条件で利用することがポイントです。もし、好条件でカードローンが契約できればその条件が維持され、将来的にもメリットとなります。

学生向けのキャッシング利用注意点 

学生でもキャッシングが可能な仕組みはありますが、様々な条件や利用注意点を意識する事が必要になります。

学生で金融業者を選ぶ際には年齢は一つの鍵を握っており、例えば成人以上になっていればバイト収入が安定していると、学生だけが使えるカードではなく一般社会人向けの審査に挑む事も可能です。

成人に満たっていない場合は、学生専用のキャッシングを扱う業者があり、利用する際には学生証の提出が必須となります。

さらに融資枠の上限も小さくて、借入過ぎを配慮されていますから、大きな借金が出来ないようになっており、それでも学生は収入が少ない傾向で返済が滞るリスクには注意が必要です。

社会人なら返せる金額でも学生では大きな金額になりえますし、学業をサポートするキャッシングになりますから、本業を疎かにして借金返済に悩む状態になるのは避けたいものです。

だからこそ制限枠の範疇で借入を行い、返済の計画を綿密に立てて使い過ぎないようするのがポイントになります。

借金をすれば金利に沿った利息が発生しますから、それを含めて完済に至るまでに必要な日数や返済総額を計算し、その上でキャッシング利用すれば問題は無いです。

学業、サークル活動等をサポートしてくれるキャッシングは、安全かつ計画的に使えば良いでしょう。

キャッシング会社を選ぶ時にどこで比較すればいいの?

キャッシング会社を選ぶ時には一番最初に金利をチェックする人は多いですね。

少額の借入の場合には金利はそれ程大きな負担ではありませんので、金利以外に注目して選ぶ場合には、返済・借入のしやすさにも注目してみましょう。返済は口座振替が一番手間がありませんが、コンビニATMのような提携ATMを利用して少しずつ返済することも出来ます。月に1回ではなくて収入があるごとに返済していけば、借入残額も早くに減らすことができますし金利の負担も小さくなります。

ただし専用ATM以外を利用する場合、ATMによっては返済・借入に手数料が掛かることがあります。1回あたりは数百円でも、月に何度も出し入れするという人では負担は金利以上に大きくのしかかってきます。借入は無料で利用できるATMが多いのが一般的ですが、返済に関しては手数料がかかるATMが多いものですので、最初に調べておくことが大切です。

つまり出来るだけ手数料がかからないATMを多く用意している業者のほうが、借りる側にとっては有利に利用できるキャッシング会社ということですね。

ですから金利を比較したら、その次には無料でできるATMが自宅や会社の通勤途中など利用しやすい場所に多くあるかどうかを、比較して選んでみると良いですね。

無収入の主婦でもキャッシングは不可能とは言い切れない

最近ではパートやアルバイトで定収があるのなら、キャッシングを利用できる金融機関も目立つようになってきました。ですから、パート勤めで定収がある主婦であれば、通常はキャッシングの審査に通る可能性は充分にあるのです。

しかし、審査に通るのは、あくまでも定収があるという条件を満たしている場合です。同じ主婦でも、もしも完全に無収入状態であったとしたら、審査に通る可能性は非常に低くなってしまうのは間違いありません。そもそも定収というのは、その人の返済能力と同じことを意味しています。ですから無収入とは、金融機関からは返済能力が無い人だと見なされるのです。そんな訳ですから、審査に落ちるのも当然だと言えるのです。

しかし、たとえ無収入の主婦でも、もしも夫の同意書や給与明細など、その金融機関が定める必要書類を揃えて申し込むことができるなら、審査に通る可能性もゼロとは言えなくなります。もちろん金融機関にもよる話ではありますが、無収入でもキャッシングができる可能性は僅かですがあるのです。

無収入の主婦でも、もしもどうしてもキャッシングがしたいなら、思い切って金融機関に問い合わせてみるべきです。もしかしたら道は拓けるかもしれません。とにかく、可能性はゼロではないのです。

キャッシングの審査に通らない理由はなにか

キャッシングを利用したい人が必ず受けなくてはならないのがキャッシング業者の審査です。審査を通過することなしに融資を受けることはできません。

もちろんキャッシング業者によって審査が厳しいとか甘いとかの違いはありますが、どのような業者にキャッシングを申し込んでも審査に通らないという人がいます。

キャッシングの審査で最も重要視されるのが、個人信用情報です。その個人信用情報で事故情報と呼ばれるものが記載されているような場合には審査に通らない可能性が高くなって今います。事故情報とは遅延や返済に不能などの情報です。それに銀行のキャッシングを除いて総量規制と呼ばれる年収の三分の一以上の借り入れができなくなる制度に引っかかっていれば無条件で審査に通過することはできません。

個人信用情報に瑕疵がないとすれば、次に審査で重要視されるのはキャッシングを申し込んだ人の返済能力の問題です。具体的に言えば毎月安定した収入があり、融資しても融資のお金を返済する能力がその人にあるかどうかを審査します。返済能力があると判断されれば審査に通る可能性が高くなりますし、返済能力がないということになれば審査の通過はおぼつかなくなるでしょう。

消費者金融の審査に関係する不安を解消する

消費者金融の初めての利用で審査を受ける時には審査が通るのだろうかという不安を持つのではないでしょうか。フリーターで収入が安定していないし、それほど大した給料でもないとなると、業者から信頼されず審査で落とされてしまうかもと思うかもしれません。

もし少額の融資のみということであれば、大手の消費者金融が理想かもしれませんが、審査でチェックされるのは仕事のことや収入が安定しているのかというだけではなく、どこに住所があり、どのくらいそこに住んでいるのかという点を見られるかもしれません。

頻繁に引っ越しばかりをしている人や、ほとんど収入がないような人では審査で落とされてしまう可能性もないわけではありません。また個人情報を偽りなく正しく入力することも大切であり、もし間違いがあると融資を受けられなくなるかもしれません。

とはいえ、毎月安定して収入があり、住んでいるのが自宅とかあるいはアパートであったとしても数年同じ住所で暮らしているのであれば、多くの場合問題なく融資を受けることができます。もしその点で不安があるのであれば、大手の消費者金融のホームページには仮審査チェックがあり、自分が融資を受けることができるかどうかの目安を測ることができますので、申し込む前にそれで確認してみるとよいでしょう。

キャッシングとカードローンの返済の仕方

クレジットカードのキャッシングでも、カードローンでの借り入れであっても、当然借金ですから、必ず返済をしなければいけません。
ところで、借りたお金の返済はどのようにして行うとでしょうか?

カードローンとキャッシングでは返済方法に違いがあるのか?
厳密には、各ローン・キャッシングの会社にやり異なりますが、一般的な返済方法について書いていきます。

まず、クレジットカードのキャッシングですが、これは通常のクレジットカードのショッピング機能と同じで、
毎月10日、27日、末日など毎月あらかじめカードごとに決まっている返済日に、引き落としにより返済がされます。締め日が別に定められており、その締め日までに借りたキャッシングのお金を、翌月の引き落とし日に返済するという流れになります。

わかりやすいですが、利息を少しでも減らすために早めに返したいと思ってもそれができないのが難点です。

いっぽうのカードローンも、月に一度の返済日は決まっていますが、それ以外の日でも、お金に余裕がある時には銀行やコンビニのATMで返済をすることが可能です。余裕があるときに少しずつでも返すことができるので便利です。返済の場合のATM手数料は基本的にかからないことが多いです。自由度の高さではカードローンのほうが優れているといえるでしょう。

アイフルは借入限度額を増額出来ます

消費者金融のアイフルで借りていて、借入限度額をすべて使い切っていた場合は、もうこれ以上借りられませんから、借りる時は他の消費者金融から借りることになります。しかしアイフルは申し込みをすれば、借入限度額の増額をすることが出来ます。

だから他で借りるよりもアイフルで増額してもらった方が、毎月の返済日も1日だけになって楽です。それで増額の仕方ですが、アイフルの店頭で申し込んだり、無人契約機から申込んだり、ネットからも申し込むことが出来ます。ただ増額には審査が有って、その審査が通らないと借入限度額を増額してもらえないです。

それで審査が通る条件として、毎月必ず遅れずに返済を最低6ヶ月続けます。すでに6ヶ月続けているのであればそのまま申し込みです。この時他社借入が多かったら増額してもらえない場合があります。総量規制で借入総額が他社との合計が年収の3分の1までしか借りられません。

それでアイフル以外からも借りていて、限度額を増額した場合に年収の3分の1を超えるのであれば、審査が通らないということです。だから申込をする時は、他社からの借入総額をチェックして、総量規制の制限に触れないかを確認して申し込む必要が有ります。

学生でもキャッシングできるの?

「サークルの友達同士で旅行に行くお金が足りない」、「家賃を払うのにお金が足りない」といったような、学生ならではの急な出費もあると思います。

ここで不足分にキャッシングを利用したい、でも学生なので… と諦めてしまう人もいるかも知れませんが、実は学生でもキャッシングを利用することは可能なのです。

ですが学生だと、やはりどうしても社会人と比べて収入が安定していませんので、高額の融資を受けることは難しいですが、アルバイトをしていて定期的に収入がある人でしたら、審査で落とされるようなことはまずありません。
満20歳以上であることが絶対条件です。未成年の人はキャッシングは利用できません。

おおよそですが、アルバイトでの年収(半年しかしていない人はその収入を倍にした年収としての見込み額)の1/3程度までの融資は受けられます。
また学生専門のキャッシング業者や、来店が不要の業者もありますので、そういったところを探してみてもいいと思います。

就職活動にお金が掛かり、その為にキャッシングを利用することも珍しくありません。
返済期間中に卒業する予定で、完済までに学生でなくなってしまうケースもありますが(学生専門の業者の場合も含む)、これについては何も問題はありませんので安心してください。

群馬銀行カードローン すまいるパートナー について

群馬銀行カードローンではすまいるパートナーという群馬銀行を利用している傾けにかなり優遇されているカードローンがあります。

借入金額は200万円までが限度額で、適用金利の上限は9.975%で借入限度額がいくらであったとしても金利は固定です。

これだけでもかなり安いのですが、皿にこの金利を低くする方法があります。

それは、住宅ローンや給与受け取りなど色々な利用を群馬銀行でしている場合には、適用金利がどんどん下がっていく仕組みになっていることです。

これらの利用があることによって、最大で4.0パーセントの金利を下げることが出来るため、適用金利が5.975%まで下げれるという特典がついています。

ただ、契約条件には勤続年数が何年以上あるのか、収入が一定以上ないといけないといったように、収入や年数で借入限度額があらかじめ決められているものですから

借入できる人は限定的です。(例えば50万の限度額だと勤続1年、年収200万円はないといけない)

店舗来店や口座の開設も必須ですから難しいところです。審査も厳しめになってもいます。

ですが、通常の銀行に比べればかなり安い金利で利用できるのは間違いありませんから、利用できる方はどんどん利用するといいでしょう。

キャッシングのサービス内容を比較して消費者金融会社を選択する

キャッシングを行う上で返済の事は常に意識しておく必要がありますが、返済額を出来るだけ少なくしたいのであれば、借入利率が低いキャッシングサービスを選ぶのが良いでしょう。その為には、キャッシングサービスの内容を比較して、借入利率が低い消費者金融会社を選ぶとユーザーにとっては利便性が向上するというメリットがあります。

キャッシングサービスを選ぶ際には申込みのし易さや審査の迅速さ、契約した後、実際に公式サイトの会員メニューによる各種手続きが行い易いかといった事をチェックします。使い勝手の良いサービスであれば、継続してキャッシングで融資や返済を行っても、それほど手間に感じないでしょう。

サービス内容を比較して、ユーザーの用途にマッチしたキャッシングを提供している消費者金融会社を選ぶ事は、今後急にお金が必要になった時に融資を受けたいと考えた際に、直ぐに融資を受けられる環境を整えられる事になります。いつでもお金を借りられる環境があれば、安心して日常生活を送る事が出来ますので、計画的に融資や返済を行っていくようにしていけば、ユーザーはお金を用立てる手段を常に持ち続ける事が出来ます。

キャッシングは、消費者金融会社の数だけ存在していますので、比較検討をする事で活用していく事が可能です。

キャッシングの審査をクリアする為に備えておく事とは

キャッシングは、用途が自由である融資を個人向けに提供している融資サービスであり、全国で多くの人々が活用しています。キャッシングの新規申込みは、利用したい消費者金融会社で新規申込みを行いますが、この時に審査を受ける際に備えておくべき事がいくつかあります。審査では、提出された書類に基づいて審査が行われますので、必要事項をしっかりと記入しておく事が重要です。

提出する書類の中には、本人確認書類のコピーと収入の証明が出来る書類がありますが、収入を証明する書類の提出は、100万円以上など多額の融資を借りる際に求められるケースが多く、それよりも少額であれば必要ありません。キャッシングの申込者で共通して用意しておくべき書類は、本人確認が出来る運転免許証や健康保険証やパスポートなどです。近年では、Web申込みで申込みをする事が多いですので、本人確認書類をスマートフォンのカメラ機能やデジカメやスキャナーなどで画像データにして、公式サイトの所定のフォームから送信するようになっていますので、従来よりも提出の手間が減っています。

キャッシングを提供している消費者金融会社の多くは、審査の過程で在籍確認の電話をかけて、書類に記載されているように在籍しているのかを確認する事がありますが、最近では、その在籍確認を実施しない消費者金融会社がありますので、余裕を持って審査を受ける事が出来るでしょう。

WEB完結型のカードローンならば最小限の手間で済む

カードローンを取り扱う金融業者は、銀行・信用金庫・消費者金融と様々です。各金融業者ごとに特徴があるので、一概にどれが最適という判断は難しいでしょう。しかし、スマートフォンが急速に普及した影響から、WEB完結型のカードローンを謳う商品が多数登場しています。

WEB完結型のカードローンならば、申込みから審査完了まで全てインターネット上で行えると思われがちですが、中には申込みのみをWEB経由で行えるというだけの意味しか無いケースに注意しなければなりません。申込み手続きがWEB経由で完了するという意味合いでWEB完結申込みを謳うカードローンへ申込みすると、以後は通常の審査手続きを減るだけとなるので、電話連絡が2回以上かかってくる通常の流れです。

WEB完結申込のカードローンならば、申込みから審査結果通知までを全てWEB完結出来ることが望ましいので、どこまでをWEB完結出来るカードローンか調べてから申込みする必要があります。朝申込み手続きをしておけば、昼休みには審査結果が出ているので、そのままWEB経由で振込融資を依頼するだけで誰にも知られずにカードローン手続きが行えます。WEB完結申込ならば、在籍確認電話に悩まされる心配が無いので、安心して申込み出来るでしょう。