住宅ローンや自動車ローンの残高が多い人はキャッシング契約も不利?

キャッシングを利用している場合、住宅ローンや自動車ローンなど高額な借り入れでは審査が厳しくなるというのが一般的に知られています。では、既に住宅ローンや自動車ローンを契約している人は、キャッシング審査に影響がないということを考えてしまうことがあります。

住宅や自動車は資産となり、売却することで現金化することは可能です。しかし、これらの資産は、抵当権が設定されていることが多く勝手に売却することが難しくなっています。結果、住宅ローンや自動車ローンがあり、キャッシング契約する場合、サービスを提供する会社そして保証委託先となる会社にとっては債権回収が困難となるリスクが高くなってしまいます。

そのため、キャッシング契約を検討する際は、毎月の収入やボーナスで確実に返済出来る限度で申し込む必要があります。

キャッシングの審査に通らない理由はなにか

キャッシングを利用したい人が必ず受けなくてはならないのがキャッシング業者の審査です。審査を通過することなしに融資を受けることはできません。

もちろんキャッシング業者によって審査が厳しいとか甘いとかの違いはありますが、どのような業者にキャッシングを申し込んでも審査に通らないという人がいます。

キャッシングの審査で最も重要視されるのが、個人信用情報です。その個人信用情報で事故情報と呼ばれるものが記載されているような場合には審査に通らない可能性が高くなって今います。事故情報とは遅延や返済に不能などの情報です。それに銀行のキャッシングを除いて総量規制と呼ばれる年収の三分の一以上の借り入れができなくなる制度に引っかかっていれば無条件で審査に通過することはできません。

個人信用情報に瑕疵がないとすれば、次に審査で重要視されるのはキャッシングを申し込んだ人の返済能力の問題です。具体的に言えば毎月安定した収入があり、融資しても融資のお金を返済する能力がその人にあるかどうかを審査します。返済能力があると判断されれば審査に通る可能性が高くなりますし、返済能力がないということになれば審査の通過はおぼつかなくなるでしょう。

消費者金融の審査に関係する不安を解消する

消費者金融の初めての利用で審査を受ける時には審査が通るのだろうかという不安を持つのではないでしょうか。フリーターで収入が安定していないし、それほど大した給料でもないとなると、業者から信頼されず審査で落とされてしまうかもと思うかもしれません。

もし少額の融資のみということであれば、大手の消費者金融が理想かもしれませんが、審査でチェックされるのは仕事のことや収入が安定しているのかというだけではなく、どこに住所があり、どのくらいそこに住んでいるのかという点を見られるかもしれません。

頻繁に引っ越しばかりをしている人や、ほとんど収入がないような人では審査で落とされてしまう可能性もないわけではありません。また個人情報を偽りなく正しく入力することも大切であり、もし間違いがあると融資を受けられなくなるかもしれません。

とはいえ、毎月安定して収入があり、住んでいるのが自宅とかあるいはアパートであったとしても数年同じ住所で暮らしているのであれば、多くの場合問題なく融資を受けることができます。もしその点で不安があるのであれば、大手の消費者金融のホームページには仮審査チェックがあり、自分が融資を受けることができるかどうかの目安を測ることができますので、申し込む前にそれで確認してみるとよいでしょう。

キャッシングの審査をクリアする為に備えておく事とは

キャッシングは、用途が自由である融資を個人向けに提供している融資サービスであり、全国で多くの人々が活用しています。キャッシングの新規申込みは、利用したい消費者金融会社で新規申込みを行いますが、この時に審査を受ける際に備えておくべき事がいくつかあります。審査では、提出された書類に基づいて審査が行われますので、必要事項をしっかりと記入しておく事が重要です。

提出する書類の中には、本人確認書類のコピーと収入の証明が出来る書類がありますが、収入を証明する書類の提出は、100万円以上など多額の融資を借りる際に求められるケースが多く、それよりも少額であれば必要ありません。キャッシングの申込者で共通して用意しておくべき書類は、本人確認が出来る運転免許証や健康保険証やパスポートなどです。近年では、Web申込みで申込みをする事が多いですので、本人確認書類をスマートフォンのカメラ機能やデジカメやスキャナーなどで画像データにして、公式サイトの所定のフォームから送信するようになっていますので、従来よりも提出の手間が減っています。

キャッシングを提供している消費者金融会社の多くは、審査の過程で在籍確認の電話をかけて、書類に記載されているように在籍しているのかを確認する事がありますが、最近では、その在籍確認を実施しない消費者金融会社がありますので、余裕を持って審査を受ける事が出来るでしょう。